So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

空の軌跡 [ゲーム]

 閃の軌跡2をクリアした後にプレイしたのは、空の軌跡シリーズです。閃の軌跡シリーズは、エレボニア帝国を舞台としたものですが、これは、その南にあるリベール王国を舞台としています。リベール王国の事は、知っていたのですが、閃シリーズでは、ストーリーに直接関わってくる事がなかった国なのです。唯一出てくるのは、巡洋艦カレイジャスの製造元であるという位でしょうか。
 余計な先入観がなかったので、プレイ開始時には、スムーズにプレイスタートとなりました。ただ、ストーリーを進めていく内に驚いたのは、帝国がいかに悪く描かれているかという事でした。
 10年前にエレボニア帝国は、リベール王国に侵攻を開始し、多くの拠点を占拠していきます。しかし、カシウス・ブライトの指揮する部隊が、飛行艇を利用した奇襲作戦によって、帝国軍を撤退させる事に成功します。その後、遊撃士協会や七曜協会の仲裁により、戦争は終結しています。戦争開始から戦争終了までが約100日だったので、百日戦役と呼ばれるようになっています。この戦争によって、主人公エステルの母親・アガットの妹・クルーぜの両親が亡くなっております。
 私の記憶では、閃の軌跡シリーズで、百日戦役について説明されてはいなかったので、衝撃的でした。導力停止現象後に、再び攻め込もうとしてくる場面など、まさに悪役の行動そのものです。このシリーズからプレイしていたら、帝国に対して、悪い印象を持っていたでしょう。
 あともうひとつ驚いたのが、オリビエ皇子のキャラクターでした。閃の軌跡シリーズでは、説明書にも出てくる人物です。実は、トールズ仕官学校の七組を作ったのは、このオリビエ皇子です。
 出番こそ少ないものの、高い身分なのに、えらそうにしない。気さくな人物として描かれています。ミュラー少佐に頭が上がらないという不思議な点が疑問に残りましたが、不思議な点がそこぐらいでした。カレンジャスをトールズ仕官学生に運用させてくれたりと好印象の人物でした。
 それが、空の軌跡シリーズでは、全く別の人物として描かれているのです。とにかく軽い人物なのです。本当は、皇子なのに、身分を隠して、帝国出身の吟遊詩人として登場してきます。魔導銃の腕は一流なのに、トラブルばかり起こしています。主人公のエステルからは、毎回毎回、突っ込みを入れらていますし、ミュラー少佐からは、小言をもらってばかりです。閃の軌跡でのミュラー少佐とオリビエ皇子とのやり取りが不思議に思えましたが、そのような関係になってしまうのも、仕方がないというものです。
 このシリーズを閃の軌跡ではなく、空の軌跡から始めていたら、本シリーズの印象も相当変わっていたに違いありません。オリビエが皇子だとわかるのもSCの最後あたりですから、それまでは、謎の男のままだったに違いありません。
 現在、3rdをプレイ中。感想は、出来次第、掲載します。




英雄伝説 空の軌跡the 3rd:改 HD EDITION - PS3

英雄伝説 空の軌跡the 3rd:改 HD EDITION - PS3

  • 出版社/メーカー: 日本ファルコム
  • メディア: Video Game



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

近況(8月15日) [ゲーム]

 前回の記事掲載から1ヶ月以上が過ぎてしまいました。記事掲載時には、すぐに次の記事を書くつもりでしたが、こんなにも時間が過ぎてしまいました。その間に、何をしていたのかというと、第2次スパロボOGをひたすらプレイしていました。現在は、空の軌跡3rdをプレイ中です。
 3rdの感想は、後にとっておくとして、前回の続き・・・閃の軌跡の感想を先に書きます。


 閃の軌跡2

 衝撃のラストの続きが描かれています。主人公のリインの目が覚めると、故郷のユミルの北にある山の中でした。前作のラストから1ヶ月も過ぎており、疲労のせいで、眠っていたのです。リインは、離れ離れになった同じ七組のメンバーを探すために、帝国中をめぐります。
 
 前作は、それぞれのキャラが活躍する場面があり、キャラにスポットを当てたエピソードが中心だった気がしますが、今回は、ストーリーを前面に押し出しており、それぞれのキャラの印象が薄くなってしまった感があります。前作と比べて、使えるキャラが増えたせいもあるでしょう。特に、マキアスの扱いは特にひどく感じました。七組メンバーの中では、一番最初に再会するメンバーですが、これといって、活躍する場面がなかった気がします。2からプレイしたプレイヤーなら、マキアスの印象など、その他大勢の扱いでしょう。せいぜい帝都知事の息子ぐらいの印象しか残らないに違いありません。個人的には、マキアスは、どちらかといえば、嫌いなキャラクターですので、あまり気になりませんでしたが・・。
 戦闘システムでは、騎神戦が大幅に増えたのが印象的でした。通常の戦闘と違ったシステムだったので、楽しめました。ただ、その反面、剣と魔法の世界にロボットを登場させると、その世界観を壊してしまう存在なのです。ロボットなどの強力な兵器が当たり前になると、人間個人の力でどうにかなるレベルの話ではなくなるのです。こういった中で主人公達を活躍させるには、ドラゴンボール並みに強くさせるしかありません。でも、その場合、強さのインフレが発生してしまうのです。
 ラストでは、私が予想していたとおり、鉄血宰相が生きておりました。しかも、鉄血宰相こそが、主人公リインの実の父親である事が明かされます。では、どうして、シュバイツアー男爵の所に養子に行くことになったのか。10年前に何があったのか。謎は、残ったまま終わりました。 
 続編の3は、来月発売です。プレイしたい気は、もちろんありますが、PS4での発売なのです。PS4のソフトをプレイするには、PS4本体がいりますが、持っていないのです。PS4本体の値段も新品・中古共に、低価格になっており、購入は可能です。ですが、わざわざ、この作品の為だけに、PS4本体も購入するのも、ややオーバーかなという気もします。
 この作品に限らず、シリーズものの場合は、続編が前のハード以外のハードで販売されるケースは、ありますが、それもどうかなと思います。PS3には、まだまだ魅力的なソフトがあるので、私が、閃の軌跡3をやるのは、まだ先になりそうです。

英雄伝説 閃の軌跡 4 (ファルコムBOOKS)

英雄伝説 閃の軌跡 4 (ファルコムBOOKS)




英雄伝説 閃の軌跡 THEアートブック

英雄伝説 閃の軌跡 THEアートブック




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

近況7月25日 [ゲーム]

1か月半ほど、ブログ更新をさぼってしまいましたが、原因は、やはりゲームをやっていた為です。PS3は、古いハードですが、魅力的なゲームが多すぎるのです。プレイしていたのは、下記の通りです。

①閃の軌跡1
 ファルコムの英雄シリーズの一つです。英雄シリーズである事は、あまり意識せずに購入しました。単なる衝動買いです。中古品なので、値段が安くなっていたのと、どの中古ソフトを販売しているお店でも見かけたので、記憶に残っていたのが主な購入動機です。
 ゲーム当初は、独特のゲームシステムに少し戸惑いましたが、徐々に慣れていきました。FFシリーズは、何作かやっていたので、あのシステムの変形だと今では、感じています。戦術オーブメントに関しては、組み込めるクオーツの量が多すぎた為に、最後まで、わけがわからないままでした。とりあえず、適当にはめて、使っていました。クオーツの数がいくらなんでも多すぎます。選択肢が多いというのは自由度が高いという事ですが、その分、頭を混乱させる原因となるのです。
 閃の軌跡2の存在を知っていたので、続編があるのは、知っていましたが、まさか、あのような終わり方をするとは・・・。てっきり、ついに正体を現したCと戦い、勝って終わるというラストを思っていたのに、まさかの敗戦で終わりました。このシリーズ、人気が出たからよかったものの、人気が出なかったたら、続編は当然作られません。その場合のリスクを制作スタッフは考えたのでしょうか。続編が作られなかったら、完全に打ち切り漫画の終わり方になっていたでしょう。

 続きは、次回にします。




英雄伝説 閃の軌跡II (通常版) - PS3

英雄伝説 閃の軌跡II (通常版) - PS3

  • 出版社/メーカー: 日本ファルコム
  • メディア: Video Game



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

近況6月8日 [ゲーム]

 最低、月1回は、ブログ更新を目標にしていましたが、さぼっていました。何をやっていたのかというと、テレビゲームを主にやっていました。今頃になって・・・という感じですが、最近になって、PS3をやっと買いました。PS2を持っていたのですが、遊びたいゲームもなくなったので、思い切って、売却し、PS3を買いました。
 最新の機種は、PSVRとNINTENDOスイッチなどもありますが、「まだいいだろう」と思い、今のところ、買う予定がありません。
 PS4を買う事も考えたのですが、PS3を買いました。値段が安いのも理由の一つですが、最大の理由は、遊びたいソフトが充実していた事ですね。
 一番最初に買ったのは、戦場のヴァルキュリアです。この作品は、ゲームではなく、アニメで知りました。ゲームのアニメ化は、大抵失敗するというイメージがありますが、これは、珍しく良作でした。後半は、アリシアがスーパーサイヤ人みたいになってしまいますが、ただのパワーバトルではなく、しっかりとした人間ドラマが描かれていました。
ゲームでも、やっぱりアリシアが、スーパーサイヤ人みたいになります。しかし、主人公は、あえてその状態に頼らずに、仲間全員の力で最後のボスを倒すという展開でした。一人の力に頼らないのは、シミュレーションゲームらしい展開です。シミュレーションゲームと言えば、スパロボシリーズを主に、やってきましたが、それとは違う魅力のゲームです。システムが違うので、慣れるのに時間がかかりましたが、シリーズ化されるのがわかります。 




戦場のヴァルキュリア(通常版)

戦場のヴァルキュリア(通常版)

  • 出版社/メーカー: セガ
  • メディア: Video Game



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

風夏視聴中 [アニメ]

 以前の記事に書いていたとおり、風夏を視聴しています。1話からの視聴で、1話も見逃さず視聴し続けております。風夏の声は誰?と思いましたが、意外とキャラに合った声なのです。ウイキペデイアで調べてみると、Lynnという声優さんです。他にも、最弱無敗の神装機竜のリーズシャルテなどの声をやっているようですね。
 原作では、メインヒロインである風夏が交通事故するという衝撃の展開が待っています。アニメでも、そのシーンがついにやってきました。てっきり、原作通り、事故死するのかと思ったら、事故死しませんでした。
「あれ、事故死の以前にも、車に引かれそうにシーンがあったのかな?」と思っていたら、違っていました。アニメと原作では、ストーリーを変えたようです。少年マガジンで作者がその理由を語っていました。どうやら、主人公を成長させるため・・・だそうです。
 確かに、風夏が事故死するまでは、主人公は、ヒロインである風夏にひっぱられているだけの受動的な主人公でした。バンドを始めたのもヒロインに誘われる形でした。自分の意志で行動している面もありましたが、やはり受動的な面が多かったです。
 事故後は、主人公がボーカルになり、バンドのリーダー的存在になりました。主人公が主人公らしくなったのは、事実です。




風夏 缶バッジセット 風夏

風夏 缶バッジセット 風夏

  • 出版社/メーカー: movic
  • メディア:



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編スタート [アニメ]

 未来トランクス編の後に、つなぎのような話が数回ありましたが、やっと新章・・宇宙サバイバル編が始まりました。シャンパ編で登場した全王主催によるトーメントが始まります。
 出場メンバーは10人。今のところ、悟空と悟飯と魔人ブウの3人は確定のようですね。
OPを見るかぎり、10人は、下記の通りです。

1、悟空 2、悟飯 3、ベジータ 4、ピッコロ 5、魔人ブウ 
6、人造人間17号 7、人造人間18号 8、クリリン 9.天津飯 10.亀仙人

 最近、登場していなかった人造人間17号が出場しているのは驚きましたが、実力から考えると当然の結果です。彼は、今、何をしているのでしょうか。
 クリリンが出場しているのは、意外ではありません。宇宙サバイバル編が始まる前に、武道家に復帰しています。伸びていた髪も剃って、元の坊主頭に戻しています。今から考えると、あのエピソードは、宇宙サバイバル編の為の伏線だったわけですね。
 最も、意外だったのが、亀仙人の出場です。出場メンバーの中で、一番弱いです。悟空の最初の師匠ですし、天下一武道家の優勝者ですが、強さのインフレについていけていません。ピッコロ大魔王編で既に、引き立て役に降格しているキャラです。復活のFでは、なぜか、フリーザ軍の雑魚キャラを倒していますが、違和感のあるシーンでした。新OPでは、かっこよくサングラスをはずしていますが、活躍するシーンが想像しづらいです。
 天津飯と亀仙人を出すのなら、トランクスと悟天を出場させるのが、普通の考え方でしょう。負けると地球のある第7宇宙のそのものが全王によって消滅させられるので、まともな人選をするべきです。

 などと真面目に書いてしまいましたが、設定が矛盾だらけのこの作品に、そんな突っ込みは不要かもしれません。




ドラゴンボール超 ライジングスカウター レッドver.

ドラゴンボール超 ライジングスカウター レッドver.

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

2017年春新作アニメ [アニメ]

 既に、2017年です。あっという間に、2016年が終わってしまいました。大晦日は、NHKの紅白を見て、「ゆく年くる年」を見て終わるのが、私の恒例行事となっています。あの紅白の盛り上がりからの「ゆく年くる年」のギャップがたまらなく好きです。今年も、そうなるのかなと思っていたら、タモリとマツコデラックスのやり取りが残っていたようです。
 完全に予想外の演出でした。個人的には、不要な演出だったような気がしますが、マンネリを打破するためには、必要なものではないでしょうか。
 紅白の話はさておき、アニメ界もマンネリ感があるような気がします。2017年春新作アニメは、このマンネリ感を打破してくれるのでしょうか。
 以下が、視聴予定の一覧です。

①正宗のリベンジ
 原作未読です。太っていた主人公が痩せて、かつて自分を振った相手を逆に振るという・・・ストーリーです。相手と両思いになるのが、通常の恋愛ものの王道なのに、その王道パターンを完全に無視したストーリーです。私が冒頭で語ったマンネリ感を打破してくれそうですね。
②風夏
 少年マガジンにて連載中の作品です。アニメ化もされた涼風の主人公とヒロインの涼風の子供がヒロインで出てきます。原作既読なので、当然、内容も把握しています。途中で、風香がXX(ネタばれ防止のため秘密)になってしまうのだって、既に知っています。ですが、視聴してみる事にしてみます。この作者の作品で同じくアニメ化された「涼風」や「君のいる町」などは、アニメ化されていたのに見ていませんでした。「どうせ内容知っているし~」という理由で見ていませんでした。
 今回に限って、なぜ視聴する気になったのかは自分でもわかりません。
 
 他にもありますが、記事を書いている時間がないので、以下略です。




風夏(13) (講談社コミックス)

風夏(13) (講談社コミックス)

  • 作者: 瀬尾 公治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

2016秋新アニメ私的感想② [アニメ]

 前回の続きです。

Vivid strike
 魔法少女リリカルなのはVIVIDの続編です。なのはシリーズには、この他に、FORCEシリーズがありますが、ちょうど、VIVIDとFORCEの間の話になります。
 1話目から見ていましたが、タイトルに魔法少女がついていないのが、わかりました。今までのシリーズとまるで違うからです。
 主人公は、なのはでもヴィヴィオでもなく、新しい登場人物フーカです。孤児院出身という設定自体が、今までのなのはシリーズでは考えらない設定ですし、戦いの仕方も魔法バトルとは思えないものです。一応、魔法は使っている設定のようですが、本当に使っているのか怪しいものです。完全に格闘漫画のノリで戦いが展開されています。
 このシリーズの魔法攻撃は、非殺傷モードと殺傷モードがあり、非殺傷モードでは、魔力的ダメージと痛みはあっても、物理的なダメージ(骨折など)は、発生しないようになっています。なのはの使っている魔法は、壁などを壊す場合する場合を除き、非殺傷モードになっているのです。あれほど激しい魔法バトルが行われているのに、死人が出たり、骨折したりする人物がいないのは、この非殺傷モードが使われているからです。
 Vivid strikeの戦いは、生死をかけた戦いではなく、あくまでもスポーツとしての魔法競技のはずです。それなのに、骨折したり、歯を折ったりしたりするシーンが多すぎます。防御フィールドを貫いたらからそうなったのだという説明が作品内でされていますが、今までの設定と矛盾しています。
 私が最も驚いたのは、4話です。主人公のライバルキャラであるリンネの行動です。いじめにずっと耐えていたリンネですが、祖父の死に間に合わなかった事をきっかけに怒りが爆発します。いじめっ子三人組に攻撃を仕掛けるのですが、そのシーンが残酷です。血が大量に出ています。まるで、北斗の拳のようになっているのです。周囲の生徒が逃げ出していますが、私がその場にいたら、同じようにしていたでしょう。魔法少女もののではなくて、格闘漫画でないか?と思わず、突っ込みたい気分になりました。
 と、いろいろと批判的な事を書きましたが、作品自体は、面白かったです。全12話と短いながらも物語をきちんと完結させています。フーカとアインハルトの戦いは、省略されていますが、それでよかったのではないでしょうか。この物語は、フーカとリンネの物語なのだから、この後、アインハルト戦がだらだらと描かれれるとテーマがずれてしまいます。




魔法少女リリカルなのはViVid B2サイズクリアポスターA

魔法少女リリカルなのはViVid B2サイズクリアポスターA

  • 出版社/メーカー: 非売品グッズ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

2016新秋アニメ 私的感想① [アニメ]

 11月ももうすぐ終わります。2016年新作アニメも、そろそろ終盤に差し掛かる頃です。以下が、その感想です。

①機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
 前作の続きです。ガンダムシリーズなのに、シリーズの特徴とも言えるビームサーべルが存在しません。敵MSを剣の形をした鈍器で叩き壊すという独特の戦闘シーンが、この作品の特徴です。これを見た当初は、非常に違和感を覚えました。「いくらなんでも宇宙で生活している時代に、アナログな戦い方だな」とか「これ、ガンダムじゃない!」などと思いましたが、そのうちに、慣れてきました。慣れって、怖いですね。
 1期は、問題がある程度、解決したところで終わっていましたので、2期がどう始まるのか想像がつかなかったです。いざ、始まると、1期と変わらずの鈍器での戦闘です。2期になっても、その点は、変えないようですね。 
 問題なのは、ストーリーです。話を続けるために、無理やり新しい敵組織を登場させているような気がします。かなり強引なストーリーになり、理解しづらくなりました。1期の頃だと、[火星都市クリュセ独立]という明確な目的がありましたが、2期では、その目的も漠然としたものしか感じられません。鉄火団も、ただ収入を得る為に敵戦っているだけなのではないでしょうか。 
 視聴を打ちきりはしませんが、視聴意欲は以前より、確実に低下しています。これなら、1期で完結させた方がよかったのではないでしょうか。

続きは、次回にします。




FW GUNDAM CONVERGE EX14 ナイチンゲール 1個入 食玩・ガム(機動戦士ガンダム)

FW GUNDAM CONVERGE EX14 ナイチンゲール 1個入 食玩・ガム(機動戦士ガンダム)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(以下こち亀)連載終了 [コミック]

 既に、ご存知の方も多いと思いますが、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(以下こち亀)が連載終了します。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160903-00000100-dal-ent
 ネットのニュースだけでなく新聞およびテレビでも取り上げられており、その作品の偉大さがよくわかります。累計1億5000万部は、ワンピースに比べると少ないですが、とんでもない売上です。長期連載とはいえ、これだけの量を売り上げた作品は数少ないでしょう。
 テレビに作者がインタビューに答えていましたが、意外にも真面目そうな人なので、びっくりしました。漫画の主人公の性格は作者に似ていることが多いと話を聞いたことがありますが、それはうそなのではないか。少なくとも、この人には当てはまらないでしょう。締め切りに終われる漫画家が多い中、常時、数週間分の連載ストックを書き溜めているのは、超人的です。
 40年間一度も休載なしは、すごすぎます。連載しているより休載している期間の多いマンガ「ハンターハンター」の作者には、この姿勢を見習ってほしいものです。同じジャンプ漫画とは思えないぐらいの違いです。





KUBRICK キューブリック こちら葛飾区亀有公園前派出所 シリーズ② 6種セット

KUBRICK キューブリック こちら葛飾区亀有公園前派出所 シリーズ② 6種セット

  • 出版社/メーカー: メディコム・トイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | -