So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

零の軌跡 [ゲーム]

 まず始めにプレイしたのが、零の軌跡です。これは、軌跡シリーズの4作目の作品です。今までは、リベール王国を舞台とした物語でしたが、クロスベル自治州が舞台となっています。主人公もエステルではなくロイドという新キャラクターになっています。エステルとヨシュアも出てきますが脇役です。
 クロスベル自治州は、独立国ではありません。エレボニア帝国とカルバート共和国の2国によって自治を認められた自治州です。自治州なので軍隊を持つ事ができません。装甲車などの最低限の武装しか許されていません。リベール王国よりも弱い立場なのです。
 主人公ロイドは、クロスベルの新人警官です。3年前に兄を殉職でなくしていますが、兄を殺した犯人はわからず、なぜ殺されたかも謎のままです。ロイドは目の前で起きる事件を解決しつつ兄の真相を探ります。
 主人公の性格は熱血漢。熱血漢といえば何も考えないで行動するタイプが多いですが、この主人公はそうではありません。状況から的確な推理をして真実を見抜く能力があります。仲間達からは時に「くさすぎる」と言われてしまいますが、気が付くと仲間の信頼を得る事に成功しています。前作主人公のエステルは論理的な思考力が苦手なタイプでしたので、その点は正反対です。
 ただし、異性の感情には、鈍感なのは一緒です。あまりに鈍感さに、「鈍感なふりをしているだけでははないのか?」と思ってしまいます。
 PSPなので、画面がしょぼい気がします。一番最初にプレイしたのがPS3の閃の軌跡なので余計にそれを感じます。やはり、固定ゲーム機と携帯ゲーム機との差は絶対的なものです。その差は、画面だけでなく音声にも出ています。音質には差は感じませんでしたが、基本的に声が出ません。フルボイスは最近では当たり前のような気がしていましたので、驚きです。これが、PSVITAのリメイク版だとフルボイスになっています。
 最後までプレイしましたが、主人公の兄を殺したのが誰かは謎のままです。また、キーアをカバンの中に入れたのは誰で、なぜ入れたのかも謎のままです。
 オープニングで出てくるラストダンジョン突入シーンでは、4人で突入していたのに、実際の突入シーンではエステルとヨシュアを加えた6人になっていたのはなぜか?これは制作スタッフのミスなのか?それとも何らかの理由があるのか?
 一通りの区切りはつきましたが、謎はつきません。この軌跡シリーズは、全ての謎の回収せずに終わるのが特徴のようです。
英雄伝説 零の軌跡 (通常版) - PSP

英雄伝説 零の軌跡 (通常版) - PSP

  • 出版社/メーカー: 日本ファルコム
  • メディア: Video Game



英雄伝説 碧の軌跡(通常版) - PSP

英雄伝説 碧の軌跡(通常版) - PSP

  • 出版社/メーカー: 日本ファルコム
  • メディア: Video Game



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

PSP本体購入 その3 [ゲーム]

 昨日の続きです。


 仕方がないので、メモリーステイックを買いにお店に行きました。中古品でもよかったのですが新品しか置いてませんでした。新品は確か3000円位したと思いましたが、購入しました。
 家に戻って、プレイ開始しました。本体・ソフト共に中古品ですが、問題なくプレイできます。しかし、新たな問題が発生しました。それは、PSPは画面が小さい。そして、ずっと下を見ないといけないので、首が疲れます。スマホゲームを普段やっている人間には問題のない事なのでしょうが、そうでない私にとっては慣れていないのです。任天堂3DSもやっていたのですが、長時間はプレイしていなかったのです。せいぜい、1日1.2時間ぐらいでしょうか。軌跡シリーズは、ついついやりこんでしまいますので、4時間ぐらい連続でやってしまいました。
 このままプレイできなくもないのですが改善するためにD端子ケーブルを購入しました。これがあれば、PSPをテレビの画面で遊べるのです。ソニー製でないD端子の方が安いのですが、ソニー製のものにしました。ソニー製でなくても問題なく使用できると思いますが、やはりソニーのゲーム機なのだからソニー製の方がいいだろうと考えました。
 お店で購入を考えましたが、お店には置いてませんでした。お店の中でのPSPコーナー自体が非常に小さいのだから置いてないだろうと思っていたのですが、改めてPSPが既に昔のゲーム機になってしまっているのを感じます。
 ネットで購入したら、数日後に家に届きました。テレビにつなぐと無事テレビに画面が移りました。音も問題ありません。世間では任天堂スイッチがいまだに売れているようですが、これの特徴は携帯ゲームにもなるし、テレビでも楽しまるというものです。まるで画期的なシステムのようにニュースで紹介されましたが、PSPでも同じことができるのです。考えようによっては、PSPは時代を先取りしたゲーム機です(はず)。
 ゲーム機本体・D端子・メモリーステイックの3つを合計すると、1万2・3千円ぐらいかかったはずです。1万を超える予定ではなかったのですが、結果として超えてしまいました。でも、その代りソフトはとても安い。ソフトが300円か400円ですから。まるでファミコンのソフトを買っているような気分になるぐらいです。まとめて4本同時購入したのは、生まれて初めてでした。

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン (PSP-2000MG) 【メーカー生産終了】

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン (PSP-2000MG) 【メーカー生産終了】

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PSP「プレイステーション・ポータブル」 スピリティッド・グリーン (PSP-3000SG) 【メーカー生産終了】

PSP「プレイステーション・ポータブル」 スピリティッド・グリーン (PSP-3000SG) 【メーカー生産終了】

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

PSP本体購入 その2 [ゲーム]

 昨日の続きです。
 

 本体は新品を購入しようかと思いました。しかし、ネットを見てもリアルな店舗を見ても新品は置いていません。そりゃそうです。PSPなど既に終わったゲーム機ですから。ソニーの主力携帯ゲームは、PSvitaです。
 結局買ったのは、中古です。今までソフトは中古を買ってもゲーム機は新品というのを守ってきたのですが、今回は無理でした。正確な値段は忘れましたが、確か8000円ぐらいだったはずです。
 本体と同時に買ったのは4本です。①零の軌跡②碧の軌跡③戦場のヴァルキュリア2
④戦場のヴァルキュリア3 
 4本とも400円程で、格安です。いくら中古で何年も前のソフトとはいえ、破格の値段にびっくりです。お店でもPSPのコーナーは小さい面積しかなかったですし、PSPが既に終わったゲーム機だというのが続く実感させられます。ゲーム機本体もこれくらい安かったらよかったのですが。
 最初にプレイしたのは、零の軌跡です。プレイを始めようとした途端に重要な問題に気付きました。セーブするためのメモリーステイックが標準装備されていないのです。格闘ゲームなどのセーブしなくていいゲームならば問題ありません。でも、軌跡シリーズはRPGなのです。セーブは必要なのです。仮にセーブなしでクリアしようと思ったら、ゲームスタートからクリアまで休憩なしにプレイし続けなければなりません。

 
 長いので、続きは明日です。

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン (PSP-2000MG) 【メーカー生産終了】

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン (PSP-2000MG) 【メーカー生産終了】

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

PSP本体購入 その1 [ゲーム]

空の軌跡シリーズをクリアした後に、つぎの軌跡シリーズをやろうと思いました。軌跡シリーズの中で、まだ下記の通り。

①閃の軌跡3
②零の軌跡とその続編である碧の軌跡

 初めは閃の軌跡3を買おうとしました。でも、これをやるにはPS4を買わなければなりません。PS3には、まだまだ面白いソフトがたくさんあるはずですし、PS4は税込3万円ちょっとの価格です。もうちょっと安くなってからでもいいかと思いました。
 ということで、選択肢2になったわけですね。ただ、その場合、PSVITAを買うかPSPを買うかという点で迷いました。
 画面のきれいでは、言うまでもなくPSVITAです。これならフルボイスになっています。最近ではフルボイスが当たり前のような気がするのですが、PSP版ではフルボイスではありません。PSPのハードって、そんなにひどかったのでしょうか。フルボイスにするぐらいの能力を備えたハードだと思うのですが。 
 初めは、PSVITAの新品を買おうとしました。しかし、新品は、約2万円もします。さらに、零の軌跡・碧の軌跡が中古なのに滅茶苦茶高いのです。販売直後ならまたしも、ある程度したら、大幅に下がるものですが全然下がっていないのです。
 悩んだ末に、PSPを買う事にしました。「今更PSP?」と思いましたが、遊ぶソフト中心で選んだので後悔はありません。PSPには軌跡シリーズ以外に戦場のヴァルキュリアシリーズがあります。ヴァルキュリア1はPS3でプレイしましたが、2と3はPS3でなく、なぜかPSPでの販売でした。この作品に限らず複数のハードをまたいで続編が作られるのを非常に困ります。それをやるために全てのハードを購入しないといけなくなります。
 
 長いので、続きは明日です。

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン (PSP-2000MG) 【メーカー生産終了】

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン (PSP-2000MG) 【メーカー生産終了】

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

ヤムチャ大活躍?アニメ「ドラゴンクエスト」 [アニメ]

 前回の記事で、
 「それにしても、ヤムチャもかわいそうなキャラです。普通の漫画に出ていれば、間違いなく主役になれる強さなのですが・・・」
 と書きましたが、実は、既にありました。それが、アニメ「ドラゴンクエスト」です。
と言っても、本当にヤムチャがこの作品に出ているわけではありません。主役のアベルを演じる声優は、ヤムチャの声優である古谷徹だからです。キャラクターデザインも、同じ鳥山明です。必然的に、アベルは、ヤムチャに見えてきます。アベルの活躍は、ヤムチャの活躍のように見えてくるのです。
 ドラゴンクエストのアニメは、他にもあり、ダイの大冒険があります。でも、これはデザインが鳥山明では、ありませんので、完全に別物です。
 この作品ではヘタレは出てきません。モコモコというアベルの仲間が出てきますが、ヘタレでありません。弱いキャラクターではありますが、その分、怪力で要所要所で活躍しています。バラモスが不死身になるところを防いだシーンは、名シーンです。 
 ドラゴンクエストは、名作です。アベルの声がヤムチャだと考えなければ、特に気になりません。アベルは、アベルなのです。でも、一度ヤムチャだと意識し始めると、アベルがヤムチャに見えてくるのです。ヤムチャなのに、主役をしていて、強い。なぜか、剣を持っている。全然ヘタレじゃないという姿に、ついつい違和感を覚えてしまいます。でも、ヤムチャ好きには、最高の作品かもしれません。
 かなり昔の作品ですが、DVD化されています。

S.H.Figuarts ヤムチャ

S.H.Figuarts ヤムチャ

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



HGヤムチャ【2016年02月発売】【限定発売品】

HGヤムチャ【2016年02月発売】【限定発売品】

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア:



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件 [コミック]

 某本屋にて、この作品が置いてあるのを発見しました。なんと、主人公がヤムチャに転生する話のようです。
 主人公が死んで異世界に転生する話は、最近よくあります。いわゆる異世界転生ものです。例えば、「異世界はスマートフォンと共に」や「ナイツアンドマジック」です。両作品は、ネット小説から始まり、アニメ化までされました。前世で得た知識を巧みに使い、活躍するのです。
 でも、それらに登場する異世界は、作者オリジナルの異世界で、既存のものではありません。それに対して、この作品は、舞台がドラゴンボールで、しかも、転生するキャラがヤムチャという・・・とんでもなさです。
 ヤムチャは、とにかくネタにされやすいキャラです。初期のヤムチャは、わりとしっかりしたキャラでしたが、栽培マンの自爆によって死んでからは、ヘタレキャラになってしまいました。
 ネット上には、たくさんのヤムチャネタが存在しています。なんと、現在、放送中のドラゴンボール超では、ヤムチャをネタにした話まで存在するのです。さらに、漫画でもヤムチャをネタにするのか!?というのが、正直な感想です。ある意味で、悟空以上に愛されているキャラなので、ヤムチャも案外、幸せかもしれません。
 漫画を買う気もなかったので、ネットを検索しました。前編だけですが、無料で読めます。

https://shonenjumpplus.com/episode/10833497643049550354

 なんと、ヤムチャの人生のターニングポイントである栽培マンとの戦いで描かれています。本来なら、ここで、栽培マンの自爆で死んでしまうのですが、なんと生き残っています。
 漫画版では、ネット掲載分に加えて、書下ろしが追加されいるそうです。
 それにしても、ヤムチャもかわいそうなキャラです。普通の漫画に出ていれば、間違いなく主役になれる強さなのですが・・・。

HGヤムチャ【2016年02月発売】【限定発売品】

HGヤムチャ【2016年02月発売】【限定発売品】

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア:



S.H.Figuarts ヤムチャ

S.H.Figuarts ヤムチャ

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

2018年冬新作アニメ② [アニメ]

前回の続きです。

③カードキャプターさくら クリアカード編
 1999年に放送されていたアニメの続編です。この作品は、魔法少女ものに分類されます。ですが、戦闘シーンでは、変身せずに着替えていたり、主な視聴者が少女でなかったりと、従来の魔法少女もののお約束を覆した作品になりました。後編のさくらカード編は、少し無理やり話が作られたように感じられましたが、いい作品でした。単行本も全巻購入しています。この時点で、伏線を全て回収していたので、続編があるとは思っていませんでした。
 2016年6月になって、完結したはずのシリーズの続編が作られました。それが、クリアカード編です。さっそく単行本を買いました。既刊3巻全て購入済みです。 
 期待しての購入だったのですが、今の所、期待はずれです。
 基本的に、今までのシリーズの焼き直しの話です。今まで使えたカードが使えなくなるだけでなく、杖すら使えなくなる。そこに、新しい敵が現れる。桜は、突如として、変化した新しい杖を使って、毎回、新しい敵を封印していき、カードにしていくという展開です。
 そこに、謎の転校生が現れる。あと、夢にも謎の人物が現れる。その謎の人は、顔を隠して現れる。果たして、その謎の人物の正体は?
 
 ・・・といった展開です。ラストは、どうなるかまではわかりませんが、既視感満載です。今までだと、桜と李君との恋愛など気になる要素がありましたが、以前のシリーズで、一通りの区切りがついているので、李君の再登場は、もはや、それほどの意味がない。
 これは、人気シリーズによくある無理やりな続編製作です。
 などと、批判的な事を書き続けてしまいましたが、1話は視聴します。アニメと漫画の違いは、二つです。1つは、絵が動くという事。もうひとつは、声があるということです。公式HPを見てみると、声優は、そのままのようです。特に、主役である木之本桜を演じる丹下桜が、そのままなのが、個人的には、非常にうれしいです。この作品後の代表作は、ガールフレンド(仮)ぐらいだからです。いくつかの作品に出ていますが、端役が多く、個人的に印象に残ったのは、魔法科高校の小野遥ぐらいのものです。
 そんな人が続編とはいえ、主役を演じるのは、非常に珍しいことです。これは、視聴する以外に選択肢はないのです。


④ デスマーチからはじまる異世界狂想曲
 原作は、「小説家になろう」で掲載された作品です。いわゆる異世界転生ものに分類される作品です。凄腕プログラマーが異世界で活躍するというと・・・どう見ても、ナイツ&マジックを連想してしまいます。出演声優の中に、高橋李依がいるので、余計にそう思ってしまいます。でも、あらすじを調べてみると、ロボットという単語は一切出てこないので、あまり意識しない方がいいのかもしれません。むしろ、主要登場人物が主人公以外は、全員、女性である事を考えると、異世界転生ものというよりもハーレムアニメと考えた方がいいのかもしれません。
 などと、視聴前からあれこれ考えてみても仕方ありません。とりあえず1話を視聴する予定です。

 
 以上の4作品です。いつもなら、7作品ぐらい選ぶのですが、他の候補作品が選べませんでした。あらすじなどを見た限りで、ここにあげるほどの作品ではないというのが、今のところの印象です。

コスプレ道具★カードキャプターさくら★木之本桜★封印の杖/武器

コスプレ道具★カードキャプターさくら★木之本桜★封印の杖/武器

  • 出版社/メーカー: solo
  • メディア: おもちゃ&ホビー



封印の杖モデル ドライヤー カードキャプターさくら

封印の杖モデル ドライヤー カードキャプターさくら

  • 出版社/メーカー: SuperGroupies
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

2018年冬新作アニメ① [アニメ]

 既に、2018年なので、もうすぐ2018年冬新作アニメが始まります。いつもの事ですが、新しく始まるアニメが多すぎるので、選別をしないといけません。既に、新作アニメの情報は、GIGAZINEに12月10日の時点で、掲載されていました。ですが、詳しく見ないままに、2017年が終わってしまいました。新作アニメが始まってから、どのアニメを見るかを絞り始めては遅いので、今のうちに視聴予定作品を選んでみました。

①グランクエスト戦記
 原作は、ロードス島戦記で有名な水野良です。水野良作品は、何作か読んできましたが、この作品の事は知りませんでした。この記事を読んでから、ロードス島戦記を読み返しましたが、名作です。最近のライトノベルのような誇張したキャラこそ出てこないものの、その分、しっかりとした文体で、キャラクター描写を描写しています。やはり、この作品があるからこそ、その後のライトのベルが発展していったのだと思います。
 この作品は、同じ「・・・戦記」がタイトルにつきますし、同じファンタジーものなので、期待大です。
② 七つの大罪 戒めの復活
 待望の2期です。1期と2期との間に4話の特別編がありました。1期は、魔人族の力を利用していた聖騎士長との対決が終わるなどの一通りの区切りがついたところで終わりました。ですが、聖戦が始まるなど伏線をはったままだったので、おそらく2期が始まるだろうと思っていました。アニメ化の前に、先に内容を知ってもよくないので、単行本も買っていませんし、少年マガジンでの連載中の原作も読んでいません。
その分、放送が始まるのが楽しみです。

長いので、続きは、次回にします。


七つの大罪(29) (週刊少年マガジンコミックス)

七つの大罪(29) (週刊少年マガジンコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/12/15
  • メディア: Kindle版



七つの大罪(30) 限定版ミニ画集付き: 講談社キャラクターズA

七つの大罪(30) 限定版ミニ画集付き: 講談社キャラクターズA

  • 作者: 鈴木央
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/02/16
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

2018年1月1日 近況  [その他]

 既に2018年です。気がつくと、2018年になってしまいました。ブログを始めて数年になるのですが、年々、掲載数が減ってしまいました。去年の掲載数は、11です。ブログを始めた頃は、真面目に、1日1話を掲載していましたが、今やその気力がありません。こういうものは、一度サボり始めると、サボり癖がついてしまうものが、よくわかります。
 そんな当ブログにも毎日、10から20のお客様が来店されております。今年は、最低でも、去年の掲載数11は、越えるようにしたいです。
 最後になりましたが、あけましておめでとうございます。


ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2013/06/21
  • メディア: Kindle版



アフィリエイトで稼ぐ1年目の教科書;これから始める人が必ず知りたい70の疑問と答え

アフィリエイトで稼ぐ1年目の教科書;これから始める人が必ず知りたい70の疑問と答え

  • 作者: 川端 美帆
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アクセルワールド22巻 [ライトノベル]

 アクセルワールド22巻を読みました。いつもは、購入後、一気に読み終わるのですが、今回は時間がかかりました。途中まで読んで、止まりました。某ゲームをクリア後、思い出したように、読書を再開し、本日、読み終わりました。
このシリーズもおもしろくなくなってきましたね。とにかく展開が遅い。今回の話も会議があって、そこでいきなりバトル発生。黒雪姫以外が無制限フィールドから脱出したところで終わりですから。巻末のあとがきによると、この白のレギオン編は、クライマックスに入っているらしいですが、全然そんな感じがしません。この調子だと、あと2.3巻は最低かかりそうな気がします。しかも、この白のレギオン編が最終章だとは書かれていませんので、まだまだ続くということでしょう。
 人気があるから無理にシリーズを伸ばしているような気がしてなりません。商売である以上、ある程度、仕方ない面もあると思いますが、やりすぎると駄目です。今後も買い続けるか今迷い始めています。
 同じ作者のソードアートオンラインは、既に、買うのを停止しています。アリシゼーション編で、私の体力が限界になってしまいました。
 このシリーズの一番盛り上がったのは、2巻あたりですね。赤の王のニコが登場したあたりです。このテンションのままに、22巻まで来てくれたらよかったのですが・・。5巻あたりから徐々にわけがわからなくなってきました。アニメも4巻で終わり、その後、続編が作られないのは、そのせいかもしれません。

アクセル・ワールド1 ―黒雪姫の帰還― (電撃文庫)

アクセル・ワールド1 ―黒雪姫の帰還― (電撃文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2016/02/16
  • メディア: Kindle版



アニメ『アクセル・ワールド』ノ全テ

アニメ『アクセル・ワールド』ノ全テ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2016/07/28
  • メディア: 大型本



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -