So-net無料ブログ作成

魔法少女リリカルなのはの戦闘シーンを自分なりに検証 [アニメ]

 魔法少女リリカルなのはは、魔法少女と名前がついていますが、魔法少女物のアニメではない。バトルものアニメです。主人公高町なのはは、敵をバインドと呼ばれる拘束魔法で動けなくした後、スターライトブレイカーで敵を倒していました。
 これを見て、ふと思ったのが、そんなことが可能なのかという事です。まず、この時、彼女は、いくつの魔法を使っているか考えてみました。

①バリアジャケット 
 これ自体が、一つの防御魔法です。頭部などの一見すると、防御されていない場所も実は、防御魔法が働いています。軽い攻撃ならこのバリアジャケットで防げますし、それ以上の攻撃を防ぐ場合は、プロテクションなどの防御魔法をかけることによって防ぎます。
②飛行魔法 
 空中に浮いているから当然使用されています。なのはの場合、フライヤーフィン(足の羽)がその証です
③バインド 
 拘束魔法です。この作品は他の作品に比べて、拘束魔法使用回数が多いです。相手を拘束してから、スターライトブレイカーなどの砲撃魔法を使用するのが、なのはの必勝パターンと言えるでしょう。
④スターライトブレイカー 
 言わずと知れた高町なのはの必殺技です。他にもエクセリオンバスターなど砲撃魔法はありますが、ここぞという時は、これを使います。自分の魔力だけでなく周辺の魔力を集めて、使用できます。小説版の設定によると、残存魔力6%でも使用できます。
⑤照準を合わす魔法
 今までのスターライトブレイカー使用例では、かなり離れての使用例が多いです。どれ位の距離かはわかりませんが、最低100m以上離れているはずです。にもかかわらず、狙いを外すことなく、敵のど真ん中に命中しています。
 アニメ版も小説版でも、存在は指摘されていませんが、これがないと敵に当てれないはずです。

 と、このように、4つ(もしくは5つ)の魔法が使われています。魔法というものは、科学的には存在しませんが、仮に、それが存在しており、イメージ一つで使用できるとしても、4つ同時に使用するのは、無理でしょう。コンピューターと違って、人間の脳は、それほどマルチタスクに向いていません。
 これは、インテリジェントデバイスであるレイジングハートがよほど優秀に違いありません。もしくは、制作側は、そんな細かいことは考えなかったのかもしれません。

グッとくるコレクションフィギュア21 魔法少女リリカルなのはStrikerS 八神はやて

グッとくるコレクションフィギュア21 魔法少女リリカルなのはStrikerS 八神はやて

  • 出版社/メーカー: シーエムズコーポレーション
  • メディア: おもちゃ&ホビー






ライトノベル4冊購入 [ライトノベル]

  先週、某アニメ専門店で、ライトノベル4冊を購入しました。購入したのは、下記の4冊です。

①魔法科高校の劣等生17
②魔法科高校の劣等生18
③魔法科高校の劣等生19
④ソードアートオンライン19


 両作品ともアニメ化をきっかけに作品の事を知り、購入に至りました。シリーズものの宿命なのかマンネリ化の傾向はあります。特に、ソードアートオンラインは、その傾向が顕著です。やはり、第1部のアインクラッド編を超える展開を作り出すのは不可能なようです。2部のアルヴヘイム・オンライン編以降も主人公はピンチになりますが、あくまで、それはゲーム内でのピンチです。ゲーム内で死んでも、主人公の生身の体が無事というのは、おもしろい物語に必要な危機感を演出できません。
 一方の魔法科高校の劣等生は、17・18・19巻で、師族会議編です。ラストはややがっかり感がありましたが、事件は無事(?)解決しました。ただ、XXXXの死は予想外でした。敵に捕まった後も達也に助けられハッピーエンドを想像していましたから。
 19巻の後半では、一条将輝転校日記が掲載されています。この事件を一条視点で語られています。一条の心情がよくわかる反面、一条のイメージが崩れてしまいました。プリンスのあだなをつけられるほどのイケメンキャラだったので、ファンの方は、この日記を読まない方がいいかもしれません。
 現在、①〜③まで読みました。今からソードアートオンラインを読み始めます。どの作品もライトノベルとは思えない位、文字がぎっしりなので、読むのに時間がかかります。

魔法科高校の劣等生 (アニメ版) アクリルキーホルダー 司波深雪

魔法科高校の劣等生 (アニメ版) アクリルキーホルダー 司波深雪

  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • メディア: おもちゃ&ホビー






ドラゴンボール超(スーパー)視聴中 [アニメ]

 現在放送中のドラゴンボール超(スーパー)視聴中です。
 ドラゴンボールと言えば、言わずと知れた人気作。原作終了後も高い人気を誇っています。ドラゴンボール超(スーパー)は、原作終了後のお話です。
 ドラゴンボールらしく(それともジャンプ漫画らしく?)どんどんパワーアップします。 
破壊神シャンパ編では、さらにパワーアップしてしまいました。
 その前に、原作でのパワーアップパターンを見てみましょう。

①通常の状態
②大猿化
③界王拳(最大20倍まで)
④スーパーサイヤ人
⑤スーパーサイヤ人2
⑥スーパーサイヤ人3
 
 アニメオリジナルのGTでは、スーパーサイヤ人4もあるのですが、それは、省きます。
 ドラゴンボール超でのパワーアップは、さらに続きます。

⑦スーパーサイヤ人ゴット
⑧スーパーサイヤ人ゴットスーパーサイヤ人(スーパーサイヤ人ブルー)
⑨スーパーサイヤ人ブルー状態での界王拳

 39話で⑨の状態になったのには、驚きました。まさかここまでやるとは・・・。しかも、10倍界王拳です。単純計算で⑧の状態の10倍の戦闘力があることになります。せめて、2倍ぐらいにしとけばよかったのはないでしょうか。これでは、ヒットどころか破壊神すら簡単に倒せるのでは?




ドラゴンボールヒーローズ/GDM7弾HGD7-CP5 ゴジータ CP

ドラゴンボールヒーローズ/GDM7弾HGD7-CP5 ゴジータ CP

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



2015年春アニメ最終回について その4 [アニメ]

前回の続きです。



④アクテイブレイド
 コードギアスの谷口悟朗監督作品です。谷口悟朗監督作品だから、視聴し始めたのですが、1話目の印象は最悪でした。OPはバツ。キャラクターデザインはバツ。ストーリーはバツ。というふうにバツがいっぱいついているのです。バツといっても私個人の感想ですが。
 ですが、我慢していると、視聴意欲が上昇してきました。独特の世界観を理解できたからかもしれません。また、ストーリーも後半になるにつれてシリアス重視になってきたのもあると思います。
 ただ、残念なのは、群像劇とでも言える主役不在の状態だった事。1話目を見た時は、新人である花咲里あさみが主人公だと思っていました。新人という立場が組織の事を新鮮に感じられるので、主役にふさわしいはずです。各種設定も主人公からの質問という形をとって、スムーズに説明することができます。また、私の一番のお気に入りは、彼女でした。
 主役を作らないからこそ独自色が出せたのかもしれませんが、彼女を主役にしていたらなあと考えてしまいます。
一番くじプレミアム コードギアス CODE BLACK 1st Live Encore! A賞 C.C. プレミアムフィギュア

一番くじプレミアム コードギアス CODE BLACK 1st Live Encore! A賞 C.C. プレミアムフィギュア

  • 出版社/メーカー: バンプレスト
  • メディア: おもちゃ&ホビー



1/35 アレクサンダ Type-02 レイラ機 (コードギアス 亡国のアキト)

1/35 アレクサンダ Type-02 レイラ機 (コードギアス 亡国のアキト)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



2015年春アニメ最終回について その3 [アニメ]

前回の続きです。


③ハルチカ
 吹奏楽部を題材にしたアニメなので、「響け!ユーフォニアム」みたいな作品を想像していました。すなわち、リアル志向の作品です。ですが、実際は違いました。吹奏楽部を舞台としたミステリーものでした。廃部寸前の吹奏楽部に入部した主人公が毎回、事件の謎を解くごとに、部員を増やしていくのです。音楽と関係のない謎が結構多かったので、吹奏楽部を舞台にした理由が謎ですが、それ以外には違和感のない展開でした。この作品は、氷菓の吹奏楽部版といったところでしょうか。
 ただ、残念なのは、顧問の先生がなぜ、有名な指揮者だったのをやめて、無名学校の顧問をやっているのか謎なままでした。一番最初に出てきた謎なのだからきちんと伏線を回収して欲しかったです。
 ヒロイン役のブリセット・セーラ―恵美の演技も見事でした。彼女は名前だけでなく演技面でも、記憶に残りますね。2期を期待したいところですが、どうやら原作ストックの大半を使い果たしてしまったようなので、すぐには、ないでしょう。

 長いので、続きは後日、掲載します。

ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~ 第1巻 [Blu-ray]

ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~ 第1巻 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray



ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~ 第1巻 限定版 [DVD]

ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~ 第1巻 限定版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: DVD



2015年春アニメ最終回について その2 [アニメ]

前回の続きです。

②GATE
 2期です。1期の続きで、炎竜編からのスタートでした。自衛隊の力を使うと簡単に炎竜を倒せるのですが、それだとおもしろくありません。政治的な理由で、自衛隊の本隊を動かせないというストーリーが展開されたので、非常に楽しめました。普通のアニメだと、主人公より強い敵が出てくるのですが、この作品は主人公よりも弱い敵が出てくるのが、この作品の特徴といえるかもしれません。
 これで、原作5部のうち、3部分を消費したわけですが、まだ2部ありますし、もっと言えば外伝もあります。3期4期とこれからも放送してほしいものです。



「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.7 炎龍編II<初回生産限定版>【Blu-ray】

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.7 炎龍編II<初回生産限定版>【Blu-ray】

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 Vol.6 炎龍編I <初回生産限定版> [Blu-ray+CD]

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 Vol.6 炎龍編I <初回生産限定版> [Blu-ray+CD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



2015年春アニメ最終回について その1 [アニメ]

 既に4月です。2015年春アニメも最終回を迎えてしまいました。
 下記が感想です。

①最弱無敗のバハムート
 第1話を見て、ハーレムものだと思いましたが、まさにその通りでした。出てくるヒロインが主人公の事を次々と好きになっていくのです。見れば見るほどに、ISでした。この手のアニメは、ヒロインの数が多すぎるので、一人一人の印象が薄くなってしまうのが、弱点です。本来はメインヒロインのはずのリーズシャルテの目立たなさは、この作品の特徴と言っていいのかもしれません。最終回の演説で、少しはインパクトを残しましたが、やはり目立たないヒロインでした。
 ストーリーも全体的に駆け足すぎました。1クールで小説5巻分をやろうと思えば、そうるなってしまうのもやむ負えません。私は原作未読だから原作との比較はできませんが、原作ファンからは「なんだ、この展開の速さは!?」と思ったのではないでしょうか。


 長いので、続きは後日、掲載します。








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。