So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年春新作アニメ [アニメ]

 既に、2017年です。あっという間に、2016年が終わってしまいました。大晦日は、NHKの紅白を見て、「ゆく年くる年」を見て終わるのが、私の恒例行事となっています。あの紅白の盛り上がりからの「ゆく年くる年」のギャップがたまらなく好きです。今年も、そうなるのかなと思っていたら、タモリとマツコデラックスのやり取りが残っていたようです。
 完全に予想外の演出でした。個人的には、不要な演出だったような気がしますが、マンネリを打破するためには、必要なものではないでしょうか。
 紅白の話はさておき、アニメ界もマンネリ感があるような気がします。2017年春新作アニメは、このマンネリ感を打破してくれるのでしょうか。
 以下が、視聴予定の一覧です。

①正宗のリベンジ
 原作未読です。太っていた主人公が痩せて、かつて自分を振った相手を逆に振るという・・・ストーリーです。相手と両思いになるのが、通常の恋愛ものの王道なのに、その王道パターンを完全に無視したストーリーです。私が冒頭で語ったマンネリ感を打破してくれそうですね。
②風夏
 少年マガジンにて連載中の作品です。アニメ化もされた涼風の主人公とヒロインの涼風の子供がヒロインで出てきます。原作既読なので、当然、内容も把握しています。途中で、風香がXX(ネタばれ防止のため秘密)になってしまうのだって、既に知っています。ですが、視聴してみる事にしてみます。この作者の作品で同じくアニメ化された「涼風」や「君のいる町」などは、アニメ化されていたのに見ていませんでした。「どうせ内容知っているし~」という理由で見ていませんでした。
 今回に限って、なぜ視聴する気になったのかは自分でもわかりません。
 
 他にもありますが、記事を書いている時間がないので、以下略です。




風夏(13) (講談社コミックス)

風夏(13) (講談社コミックス)

  • 作者: 瀬尾 公治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

2016秋新アニメ私的感想② [アニメ]

 前回の続きです。

Vivid strike
 魔法少女リリカルなのはVIVIDの続編です。なのはシリーズには、この他に、FORCEシリーズがありますが、ちょうど、VIVIDとFORCEの間の話になります。
 1話目から見ていましたが、タイトルに魔法少女がついていないのが、わかりました。今までのシリーズとまるで違うからです。
 主人公は、なのはでもヴィヴィオでもなく、新しい登場人物フーカです。孤児院出身という設定自体が、今までのなのはシリーズでは考えらない設定ですし、戦いの仕方も魔法バトルとは思えないものです。一応、魔法は使っている設定のようですが、本当に使っているのか怪しいものです。完全に格闘漫画のノリで戦いが展開されています。
 このシリーズの魔法攻撃は、非殺傷モードと殺傷モードがあり、非殺傷モードでは、魔力的ダメージと痛みはあっても、物理的なダメージ(骨折など)は、発生しないようになっています。なのはの使っている魔法は、壁などを壊す場合する場合を除き、非殺傷モードになっているのです。あれほど激しい魔法バトルが行われているのに、死人が出たり、骨折したりする人物がいないのは、この非殺傷モードが使われているからです。
 Vivid strikeの戦いは、生死をかけた戦いではなく、あくまでもスポーツとしての魔法競技のはずです。それなのに、骨折したり、歯を折ったりしたりするシーンが多すぎます。防御フィールドを貫いたらからそうなったのだという説明が作品内でされていますが、今までの設定と矛盾しています。
 私が最も驚いたのは、4話です。主人公のライバルキャラであるリンネの行動です。いじめにずっと耐えていたリンネですが、祖父の死に間に合わなかった事をきっかけに怒りが爆発します。いじめっ子三人組に攻撃を仕掛けるのですが、そのシーンが残酷です。血が大量に出ています。まるで、北斗の拳のようになっているのです。周囲の生徒が逃げ出していますが、私がその場にいたら、同じようにしていたでしょう。魔法少女もののではなくて、格闘漫画でないか?と思わず、突っ込みたい気分になりました。
 と、いろいろと批判的な事を書きましたが、作品自体は、面白かったです。全12話と短いながらも物語をきちんと完結させています。フーカとアインハルトの戦いは、省略されていますが、それでよかったのではないでしょうか。この物語は、フーカとリンネの物語なのだから、この後、アインハルト戦がだらだらと描かれれるとテーマがずれてしまいます。




魔法少女リリカルなのはViVid B2サイズクリアポスターA

魔法少女リリカルなのはViVid B2サイズクリアポスターA

  • 出版社/メーカー: 非売品グッズ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。