So-net無料ブログ作成
検索選択
ライトノベル ブログトップ
前の10件 | -

ソードアート・オンライン18 アリシゼーション・ラスティング [ライトノベル]

 ソードアート・オンライン18を読みました。
 この作者の本は、分厚くて、しかも、ライトノベルとは思えないぐらい文字が書かれているのが特徴です。ライトノベルの代名詞とも言えるスレイヤーズと比べるとその差がよくわかるはずです。今回は、なんと424ページもあるのです。
 これは、長く続いたアリシゼーション編の最終回です。9巻から10巻も続いたので、やっと終わったと感じました。今までのシリーズは1巻から2巻で終わっていたので、こんなに長いシリーズだとは考えていませんでした。ただ、読んだだけですが、まるでフルマラソンを走り終わったように疲れてた気分になりました。
 このアリシゼーション編は最悪でした。基本的な設定であるフラクトライトの設定がまるで理解できないのです。なんだか無理にシリーズを継続するために、書いているのではないかと思えてならない強引なSF設定が気になってしまいます。
 次回からは新シリーズが始まるようです。どんな話なのかはわかりませんが、まるで後半のドラゴンボールを見ているような気分にさせられるので、19巻を買うのかは今のところ、わかりません。本の帯によると、累計1900万部も売れて、アメリカで実写化されるので、シリーズを継続したくなる大人の事情がわかりますが、このシリーズは、ここで素直に終わっていた方がいいでしょう。巻数が多いからと言って、作品の評価が上がるわ家ではないことを自覚するべきです。これに書く時間を使うなら、アクセルワールドの続きに全力を注ぐべきです。アクセルワールドは、長期作品にもかかわらず、作品の質は落ちていません。







ライトノベル4冊購入 [ライトノベル]

  先週、某アニメ専門店で、ライトノベル4冊を購入しました。購入したのは、下記の4冊です。

①魔法科高校の劣等生17
②魔法科高校の劣等生18
③魔法科高校の劣等生19
④ソードアートオンライン19


 両作品ともアニメ化をきっかけに作品の事を知り、購入に至りました。シリーズものの宿命なのかマンネリ化の傾向はあります。特に、ソードアートオンラインは、その傾向が顕著です。やはり、第1部のアインクラッド編を超える展開を作り出すのは不可能なようです。2部のアルヴヘイム・オンライン編以降も主人公はピンチになりますが、あくまで、それはゲーム内でのピンチです。ゲーム内で死んでも、主人公の生身の体が無事というのは、おもしろい物語に必要な危機感を演出できません。
 一方の魔法科高校の劣等生は、17・18・19巻で、師族会議編です。ラストはややがっかり感がありましたが、事件は無事(?)解決しました。ただ、XXXXの死は予想外でした。敵に捕まった後も達也に助けられハッピーエンドを想像していましたから。
 19巻の後半では、一条将輝転校日記が掲載されています。この事件を一条視点で語られています。一条の心情がよくわかる反面、一条のイメージが崩れてしまいました。プリンスのあだなをつけられるほどのイケメンキャラだったので、ファンの方は、この日記を読まない方がいいかもしれません。
 現在、①〜③まで読みました。今からソードアートオンラインを読み始めます。どの作品もライトノベルとは思えない位、文字がぎっしりなので、読むのに時間がかかります。







近況1月2日 [ライトノベル]

 年末に某店で買った本を現在、読んでいます。買ったのは、以下の5点です。

① 魔法少女リリカルなのはVIVID15巻
② アクセルワールド19巻
③ ソードアートオンラインプログレッシブ4巻
④ 魔法科高校の劣等生12巻
⑤ 魔法科高校の劣等生13巻

 現在、VIVID15巻と魔法科の12巻は読み終わりました。VIVIDは漫画なので、読むのに時間がかかりませんでしたが、魔法科12巻は、かなり時間がかかりました。  
 ライトノベルとは思えないぐらいに文字が多すぎです。その上、ページ数が多すぎます。これなら、12巻は上下巻に分けた方がいいのでは思ってしまいました。もっとも、それをやると、2冊分のお金が必要になってくるので、経済的な負担が増加してしまいます。
 現在、アクセルワールド19巻を読んでいます。全部読み終わるのには、もうちょっと時間がかかりそうです。







電撃文庫キャンペーン応募 [ライトノベル]

 先日、某アニメショップにて本を購入。いつもは1冊か2冊ずつ購入するのですが、今回はまとめて4冊でした。お盆で時間にゆとりがあったのです。購入したのは下記の4冊。

①ソード・アート・オンライン16
②なれる!SE13
③新フォーチュンクエストⅡ 6
④聖剣使いの剣舞6

 時間は少々かかりましたが、見事4冊読めました。このうち3冊は電撃文庫の新作です。本の帯を見ると、どうやら電撃文庫3000タイトル突破につきキャンペーンをやっているとのこと。帯についている応募券を送れば、抽選で素敵な商品があたるそうです。
 私の場合、3ポイント分の応募券があるので、3000タイトル賞に応募することにします。当選すると、著者サイン入り棚カードが当たるのです。あと2ポイントためて5ポイントで応募できる特賞も考えましたが、やめました。特賞に応募するには、あと2冊分の本を購入しないといけませんし、電撃文庫1年分はそれほど魅力がないからです。これには著者のサインがついてこないのです。
 早速、応募券をはがきに貼り、ポストに投函。当選することを願うばかりです。




遊戯王 プレイマット カードゲーム プレイマット アニメ &ゲーム SA25

遊戯王 プレイマット カードゲーム プレイマット アニメ &ゲーム SA25

  • 出版社/メーカー: eROLJ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



なれる!SE12巻 アーリー?リタイアメント [ライトノベル]

 なれる!SE12巻 アーリー?リタイアメントを読みました。
 年末なのに、社長は国内大手自動車メーカーであるミカサから受注をしてきました。既に十分忙しいのに新たに受注を勝手にしてくるのはいつもの事です。さっそくミカサとの第1回目の打ち合わせに行くと、なぜか室見の態度があきらかに不自然です。話を聞いているのかどうかあやしいですし、受け答えもでたらめです。打ち合わせ終了後、ミカサ担当者から「あの人、大丈夫ですか」と言われる始末です。
 室見にいったい何があったのか?と考えていると、室見が突然無断欠勤します。室見の仕事量が膨大で室見にしかわからない事がたくさんあったので、工兵は大変です。顧客からのクレームの電話には、ひたすら平謝りするしかありません。
 室見を探そうにも、住んでいたマンションから引っ越していたので、どこにいるの行方不明。しかし、偶然再会した室見を知る女子高生から室見の住んでいる場所が判明しました。そこに行くと・・・。


 室見とは謎の存在でした。女子高校生のような容姿なのに、天才的なSEとしての能力。不器用な対人関係・生活感のない部屋などなど作中で謎として語られてきた室見でしたが、ついにその正体があきらかになりました。
 なんと室見は本物の女子高校生だったのです。本来なら働いているような年齢でなかったのです。室見がなぜ働いているかについての謎も解明されましたが、まさか、そんな暗い過去があったとは・・。
 でも、全ての謎がとけてスッキリではありません。カモメの実家はどういう存在なのかという新たな謎ができてしまいました。一つの謎がとけると、また新たな謎って、なんだかミステリー小説のようです。

なれる!SE (12) アーリー?リタイアメント (電撃文庫)

なれる!SE (12) アーリー?リタイアメント (電撃文庫)

  • 作者: 夏海 公司
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2014/10/10
  • メディア: 文庫



なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)

  • 作者: 夏海 公司
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2010/06/10
  • メディア: 文庫



新フォーチュン・クエスト5が12月発売予定 [ライトノベル]

 今年の6ヶ月に発売された新フォーチュン・クエスト4の続きである5巻が12月10日発売予定です。この情報はフォーチュン・クエストシリーズの作画担当の迎 夏生のHPに載っていました。イラストも掲載されていますが、よく見ると、(下)とするべき所に(上)と間違って表示されていますが、たぶん、発売時には修正されているのでしょう。
 http://corgibeam.blog.so-net.ne.jp/
 内容はもちろん4巻の続きです。今から販売が楽しみですね。

新フォーチュン・クエストII (4) あのクエストに挑戦! (上) (電撃文庫)

新フォーチュン・クエストII (4) あのクエストに挑戦! (上) (電撃文庫)

  • 作者: 深沢美潮
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2014/06/10
  • メディア: 文庫



新フォーチュン・クエスト〈19〉うれしい再会と人魚のおつかい〈下〉 (電撃文庫)

新フォーチュン・クエスト〈19〉うれしい再会と人魚のおつかい〈下〉 (電撃文庫)

  • 作者: 深沢 美潮
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2011/12/10
  • メディア: 文庫



新フォーチュンクエストⅡ④「あのクエストに挑戦(上)」6月10日発売 [ライトノベル]

 新フォーチュンクエストⅡ④「あのクエストに挑戦(上)」6月10日発売です。この情報は電撃文庫のHPにも載っていますが、このシリーズのイラストレーター迎 夏生のブログにて、この情報を知りました。今まで知らなかったのですが、迎 夏生のブログは同じソネットブログなのです。なんという偶然でしょうか。コメントを書き込むと早速返事が返ってきました。
 http://corgibeam.blog.so-net.ne.jp/
 電撃文庫のHPによると、挑戦者のレベルに応じてダンジョンが自動作成されるタイプのダンジョンに挑戦するようです。自動作成というと、不思議のダンジョンシリーズを思い出させますが、クレイが挑戦した聖騎士の塔も確か同じようなタイプのものだったはずなので、けっして初めてのものでありません。
 タイトルに(上)とついているので、この巻では終わらないのでしょう。
 これ以上の詳しい内容はわかりませんが、私は最近、当ブログにおいて、今後の展開の予想をしたので、その内容がとても気になります。

新フォーチュン・クエストII (4) あのクエストに挑戦! (上) (電撃文庫)

新フォーチュン・クエストII (4) あのクエストに挑戦! (上) (電撃文庫)

  • 作者: 深沢美潮
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2014/06/10
  • メディア: 文庫



新フォーチュン・クエストII (3) ルブアシブの危機 (電撃文庫)

新フォーチュン・クエストII (3) ルブアシブの危機 (電撃文庫)

  • 作者: 深沢美潮
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2013/12/10
  • メディア: 文庫



フォーチュンクエストの今後の展開を勝手に予想② [ライトノベル]

昨日の続きです。
④サガン
 デュアン・サークでアニエスが呼び出した中級の火の精霊です。フォーチュンクエストでは、全く触れられてない精霊ですが、再登場する可能性もあります。デュアン・サークで、「次に人間界に出てこられるのは100年後」と言っていました。フォーチュンの世界は、デュアン・サークの約100年後なので、出てきてもおかしくはありません。ただ、パーティの仲間に誰も火の精霊使いはいませんが・・。
⑤ 最終回
 デュアン・サークと同じく闇魔を倒して終わり。弱い冒険者の活躍を描くというコンセプストが無視されてしまいますが、シドの剣をクレイが持ってしまっているので、こういう流れになるしか考えられません。

新装版フォーチュン・クエスト(1) 世にも幸せな冒険者たち (電撃文庫)

新装版フォーチュン・クエスト(1) 世にも幸せな冒険者たち (電撃文庫)




新フォーチュン・クエストII(1) 僧侶がいっぱい!〈上〉 (電撃文庫)

新フォーチュン・クエストII(1) 僧侶がいっぱい!〈上〉 (電撃文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2013/08/08
  • メディア: Kindle版



フォーチュンクエストの今後の展開を勝手に予想① [ライトノベル]

 最近、空いた時間を見つけて、フォーチュンクエストとデュアン・サークを読み直していました。最近、ブログを更新していなかったのは、この為です(言い訳かな?)。
 デュアン・サークのほうは既に完結していますが、フォーチュンクエストはまだ完結していません。現在、新フォーチュンクエストⅡ③.まで出ていますが、完結するのは、まだまだ先になりそうです。貼った伏線が回収されていないからです。
 では、この場を借りて、勝手に予想してみましょう。

①謎の行商人の正体
 これは、もちろん闇魔が作った使者です。デュアン・サークシリーズでは、登場の際に必ず、第1の使者と名乗っていましたが(使者全てが第1の使者と名乗っていた為に作中では、複数の第一の使者が登場)、この謎の行商人は名乗っていません。それは、名乗ってしまうと、闇魔が復活した事がばれてしまうからです。
  各地で変な像を売りつけたりしているのも、人々を苦しめる事によって、負の感情を生み出して、闇魔に力を与える為です。新フォーチュンの途中から町を襲っているのもその目的なの為です。
② ルーミィが狙われる理由
 闇魔は自らの身体となる仮宿と呼ばれる人間を必要している。かつてはがグラシェラという男が仮宿と使われていました。次にデュアン・サークが狙われました。仮宿には、強力な魔力の持ち主が選ばれます。
 おそらく、ルーミィが狙われているのも同じ理由でしょう。冒険者カードに記載されている魔力は二桁台ですが、時よりものすごい魔法を使用しています。船を丸ごと浮かしたり、ラージスパイダーゴンの戦闘時には、フライの魔法を使いつつ、コールドの魔法を使い、一撃でラージスパイダーゴンを倒しています。
③銀の扇子の使用方法
 ブルーラグーンドラゴンの病気を治したお礼としてもらった銀の扇子です。風の魔法アイテムですが、使用方法は不明のまま。パステルが持ち主であるが、使っている場面はありません。
 これは、デュアン・サーク出てくる火の天使のロッドと同じ使われ方でしょう。最後のボス(たぶん、闇魔)が空を飛んでいるのを叩き落すのに使われるのではないでしょうか。

 長いので、続きは明日です。

新フォーチュン・クエストII (3) ルブアシブの危機 (電撃文庫)

新フォーチュン・クエストII (3) ルブアシブの危機 (電撃文庫)

  • 作者: 深沢美潮
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2013/12/10
  • メディア: 文庫



新フォーチュン・クエストII (2) 僧侶がいっぱい! (下) (電撃文庫)

新フォーチュン・クエストII (2) 僧侶がいっぱい! (下) (電撃文庫)

  • 作者: 深沢美潮
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2013/08/10
  • メディア: 文庫



十二国記 魔性の子 [ライトノベル]

 十二国記 魔性の子を読みました。
 十二国記シリーズの第1作です。十二国記シリーズは異世界を舞台としたファンタジー小説ですが、この作品はホラー小説に分類されるようです。ファンタジーの要素を持ったホラー小説です。日本を舞台とした外伝とも言える内容です。いえ、正確にいえば、本来、本編だったものが、気がつけば外伝になったといえるのかもしれません。異世界を舞台とした作品の方が有名になってしまいましたし、数も多いですからね。
 ネットで調べてみると、他の十二国記シリーズを読んでからこの作品を読むのと、この作品を第1作目として読むかで、印象が変わってくると書かれてありました。
 確かにその通りでしょう。私の場合は、前者だったので、完全に作中の謎が最初からわかってしまっているのです。魔性の子である高里要の周りで次々と事故が相次ぐのはなぜか?高里要がなぜ神隠しにあったのか?なぜ再び戻ってきて、神隠しの間の記憶がないのか?高里要を守っている謎の生き物は一体何なのか? 
 完全にネタバレしています。これはまさに、トリックと真犯人がわかっている状態で、推理小説を読むようなものです。だから謎解きの要素は全くありませんし、次々と人が殺されていくシーンもそれほど怖くありませんでした(といっても、一部の描写は確かに怖いものがある。さすがはホラー小説)。
 最後まで読みましたが、予想通りの結末を迎えました。黄昏の岸 曉の天を先に読んでいたために、結末は知っていたのです。
 魔性の子と黄昏の岸 曉の天は同じ話を視点を変えて二つの作品にしているわけです。魔性の子が日本での出来事を中心として、黄昏の岸 曉の天が十二国の世界を宙として話を展開しています。
同じ話でもこうも違うのかというのかというのが正直な感想。それはもちろん、大人向けのホラー小説とライトノベルとして発表されたファンタジー小説というジャンルが違うからなのでしょう。文体も全然違いますしね。

華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)

華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)




月の影 影の海(上) 十二国記 (新潮文庫)

月の影 影の海(上) 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/06/27
  • メディア: 文庫



前の10件 | - ライトノベル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。