So-net無料ブログ作成

四コマ「筆談2」 [4コマ]

前回の4コマ「筆談」は下記のサイトをクリック
http://llrakuraku.blog.so-net.ne.jp/2015-04-28

1コマ目
社長とその部下が歩いていると、外国人が話しかけてきた。
外国人「Please tell me the way to Tokyo Station(東京駅への行き方を教えてください」
2コマ目
社長「今度こそ英語だ。今回は君の出番だ。」
部下「社長!任せてください。」
3コマ目
自信満々の部下だったが、手が止まった。
社長「どうした!?」
4コマ目
部下「書くものを持ってません」
部下は手ぶらだった。紙もペンも持っていなかった。
結局、筆談はできなかった。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

4コマ「このプレッシャーは」 [4コマ]

1コマ目
アムロ「このプレッシャーは。シャアか!?」
2コマ目
ナレーター「これはガンダムの1シーンだが、同じような事が本屋でも起こる」
3コマ目
お客様「このプレッシャーは。まさか・・・」
お客様は後ろを振り返った。
4コマ目
後ろに店員がいた。
店員「立ち読みはやめてください」

HGUC 191 1/144 RX-78-2ガンダム (機動戦士ガンダム)

HGUC 191 1/144 RX-78-2ガンダム (機動戦士ガンダム)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



HGBF 1/144 ライトニングZガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)

HGBF 1/144 ライトニングZガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

4コマ 社長と部下 [4コマ]

1こま目
社長と部下は街中を歩いていると、かつあげにあった。
ちんぴら「おうおう、兄ちゃん。金出せや」
2こま目
部下「社長、ここは私が!」
社長の心の声「ちんぴらと戦ってくれるのだろう。きっと」
3こま目
社長「わかった!君の好きにするがいい」
4こま目
部下「ちんぴらの味方になりまする」
なんと部下は敵に寝返った。
ショックを受ける社長。

魔法少女リリカルなのはStrikerS ZIPPO スバル・ナカジマ

魔法少女リリカルなのはStrikerS ZIPPO スバル・ナカジマ

  • 出版社/メーカー: ブロッコリー
  • メディア: おもちゃ&ホビー






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

四コマ「筆談」 [4コマ]

1コマ目
社長とその部下が歩いていると、外国人が話しかけてきた。
外国人「XXXXX]
2コマ目
社長「どうやら、英語のようだ。しかし、私は英語がしゃべれない」
部下「社長!ここはわたくしが」
3コマ目
部下「こういう時は、筆談をすればいいのです。今こそ、受験で培った英語力をお見せします」
社長「おお、なんと頼もしい部下だ!」
4コマ目
しかし、相手には全く通じなかった。
実は、相手はイタリア人でイタリア語しかわからなかったのだ。
社長「期待していたのに・・・」

けいおん!  highschool (まんがタイムKRコミックス)

けいおん! highschool (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者: かきふらい
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2012/10/27
  • メディア: コミック



けいおん!  college (まんがタイムKRコミックス)

けいおん! college (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者: かきふらい
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2012/09/27
  • メディア: コミック



nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

4コマ「本当にいる。こんな客」 [4コマ]

1コマ目
某電気店にて。
店員「この4Kテレビは従来のテレビより画面がきれいなんです」
客「よし、これに決めた」
2コマ目
店員の心の声「よし、やっと商品が売れた。うれしい」
3コマ目
店員「お支払いは現金にしますか?それともローンで」
4コマ目
客「いえ、ネットで購入します」
結局、店で商品は売れなかった。ショックを受ける店員。

これは、ショールーミングという現象です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

4コマ「レベル6以上は・・・」 [4コマ]

1コマ目
御坂「どうして、こんな事をひどいことをするの?私のクローンを何人も何人も・・・」
アクセラレーター「2万人のシスターズと戦う事によって、俺はレベル6になれるのだ」
2コマ目
アクセラレーター「レベル6の人間など、この世にいない。俺が最初のひとりとなる」
3コマ目
謎の声「レベル6がこの世にいない・・・そんなのうそね」
4コマ目
振り返ると、謎の声の主は明石薫だった。
明石薫「私はレベル7!」
ショックを受けるアクセラレーター。

絵が描けないので、文章での作品になりました。
絶対可憐チルドレンとレールガンの両方を見ていないとわからない4コマになってしまいました。
同時期に始まった作品なのに、レベルで強さを表現している点が一緒なのは、なぜでしょうか。どちらもゲーム世代の発想というべきか。


絶対可憐チルドレン 34 (少年サンデーコミックス)

絶対可憐チルドレン 34 (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 椎名 高志
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/04/18
  • メディア: コミック



絶対可憐チルドレン 33 (少年サンデーコミックス)

絶対可憐チルドレン 33 (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 椎名 高志
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/01/18
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。